teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


「奇怪な家イヤ」楳図かずおさん宅の建築禁止求める

 投稿者:マライ  投稿日:2007年 8月 1日(水)20時23分54秒
  8月1日18時56分配信 産経新聞


 「漂流教室」や「まことちゃん」などの作品で知られる漫画家の楳図かずおさん(70)=本名・楳図一雄=が東京・吉祥寺に建築中の住宅をめぐり、近隣住民が「周囲の景観を無視した奇っ怪な建造物だ」として、楳図さんと施工を請け負った住友林業に対し、建築工事差し止めの仮処分を東京地裁に申し立てていたことが1日、分かった。

 申立書などによると、楳図さんが建築している住宅は2階建て。壁面を約60センチ幅の赤と白の横じまで塗装し、屋上には巨大な「まことちゃん」の像が設置されるという。周囲は閑静な住宅街で、申し立てた住民側は「住宅は周囲の景観とまったくそぐわないばかりか、景観を破壊する」と主張している。

 一方、住友林業は「外壁を赤白のストライブにする計画はあるが、屋根には窓のついた煙突のような円柱を設置するだけで、キャラクターを載せる計画はない」としている。
 
 

プロレスの神様、カール・ゴッチさん死去=米メディアが報じる

 投稿者:松千代  投稿日:2007年 7月29日(日)23時36分10秒
  ああ、また巨星おつ・・・。

“プロレスの神様”として知られ、現在では無我ワールド・プロレスリングの名誉顧問を務めるカール・ゴッチ(本名カール・イスターツ)さんが29日(米国現地時間)に死亡したことが現地の専門ウェブサイト「レスリング・オブザーバー」により報じられた。ゴッチさんが亡くなったのは夜9時45分で死因は不明。82歳だった。

 ゴッチさんはUWFの顧問を務めるなど日本格闘技界の発展に大きく寄与しており、現在でもゴッチさんの教えを“ゴッチイズム”として崇拝する選手も多い。訃報を伝えたレスリング・オブザーバーでは「前田日明、高田延彦らを育成し、日本総合格闘技の高まりに大きな影響を及ぼした」としてゴッチさんの功績を紹介している。
 

韓国人人質の解放、交渉決裂なら武力行使も=アフガン高官

 投稿者:松千代  投稿日:2007年 7月29日(日)18時32分55秒
  きなくさすぎる!

アフガニスタンでタリバンに拘束されている韓国人22人に含まれる女性が28日、タリバン兵士の携帯電話を通じて、迅速な問題解決を訴えた。
 一方アフガンのマンガル内務次官は、交渉が決裂した場合には武力を使って人質解放を目指す可能性があるとしている。
 同韓国人女性はロイターに対し、片言の現地語ダリで「私たちは疲れていて、場所から場所へ移動させられている。別々のグループに分けられており、互いのことが分からない。タリバンと政府に解放を求める」と語った。
 女性と話をしたロイターの記者は、この女性の氏名を聞き取ることができなかった。
 これより先、マンガル内務次官はロイターに、交渉担当者はタリバンとさらなる協議を持とうとしているとした上で「話し合いを信頼している。もし対話が決裂したらほかの手段に訴える」と語った。それが武力行使を意味しているかとの問いには「当然そうなる」と答えた。
 

<沖縄集団自決訴訟>「軍の命令あった」と女性史研究者証言

 投稿者:松千代  投稿日:2007年 7月29日(日)11時26分44秒
  なんと!

 第二次世界大戦中の沖縄戦で住民に集団自決を命じたと大江健三郎さんの「沖縄ノート」などに記され名誉を傷つけられたとして、旧日本軍の戦隊長らが大江さんと岩波書店に出版差し止めと計2000万円の損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が27日、大阪地裁であった。著書「母の遺したもの」(00年)で戦隊長による自決命令を否定した女性史研究家、宮城晴美さん(57)が出廷し「戦隊長が直接命令を出したかは不明だが、軍の命令や指示はあったと思う」と自らの認識に変化があったことを明かした。

 同書は座間味島での集団自決を体験した母の証言をまとめたもので、当時、村の助役が住民の「玉砕」を軍に申し出たと記載。今年3月の06年度教科書検定で旧日本軍の強制・命令の記述に検定意見が付される根拠の一つとされた。

 島民の証言を収集している宮城さんはこの記載について「いま考えれば検証不足」とし、今年6月に助役の妹から「兄は軍の命令で玉砕するよう言われていた」と新証言を得たことを明らかにした。その上で「住民は軍から日常的に、米軍が上陸すれば玉砕するよう訓示されたとの証言もあり、多くの住民も軍命があったと信じている」と語った。

 一方、沖縄・渡嘉敷島で自決を命令したとされた戦隊長の部下2人も証人尋問に立ち、「隊長の命令は聞いていない」などと証言した。

 弁論終了後、宮城さんは「今回の教科書検定で集団自決が自主的なものだったとわい小化されていくのが怖い」と話した。9月10日には沖縄で体験者の出張尋問があり、11月9日には原告2人と大江さんの尋問が実施される。
 

ベストセラーは「大人の宿題帳」=夏休みに手ごろ? 9万部突破-仏

 投稿者:松千代  投稿日:2007年 7月28日(土)18時28分40秒
  ・・・ふーん。

「忘れてしまったことを復習しながら日に焼けよう」-。そんな副題が付いた「大人のための夏休み宿題帳」(シフレ社)がなぜか今、フランスで飛ぶように売れている。
 宿題帳は7.95ユーロ(約1300円)で48ページ。6月半ばの発売以来、仏誌レクスプレスのベストセラー・ランキングで5週連続1位を独走し、既に9万部以上を売り上げた。
 内容は「OPECは何の輸出国の集まりか」といった一般教養から仏・英語、数学、歴史、さらに映画の題名当てクイズ、相性占いなど肩の凝らない問題も。パリ市内の書店員は「老若男女あらゆる層が買っていく」と話す。
 

<クマムシ>7万5000気圧でも生存

 投稿者:松千代  投稿日:2007年 7月27日(金)07時43分55秒
  私の叔父さんを紹介します。クマちゃんと呼んでね。

 水中に生息する微小生物「クマムシ」が、地下180キロに相当する圧力に耐えることを岡山大の小野文久教授らが突き止めた。体長約0.6ミリ。放射線や超低温、真空にも耐え、乾燥すると形を変えて休眠する。実験ではこの状態の20匹に7万5000気圧をかけた。結果は6時間後もすべて生存した。
 

日テレ、避難所に集音マイク「隠す意図は…」

 投稿者:松千代  投稿日:2007年 7月22日(日)04時58分42秒
  なんと。

 ■柏崎市は「隠しマイク」と公表

 新潟県柏崎市は21日、日本テレビ系列の中京テレビ(名古屋)スタッフが避難所のテントに「隠しマイクを仕掛けた」と公表した。同社側は市に「中継で背景の音を拾うためのワイヤレスの集音マイクで、隠す意図はなかった」と説明。市では「誤解があったが、好ましくない行為だった」としている。

 ■他社は取材自粛中、系列局設置

 市によると、マイクが設置されていたのは学校の屋外に張られた炊き出し用のテント。同日午後4時ごろ、スタッフが支柱にマイクを張り付けているのを職員が見つけて注意。スタッフはすぐに取り外した。
 同校では同日、住民からの要望で、市側が一時的に報道各社に取材の自粛を要請。同社は市に同日午後6時からのニュースで中継するつもりだったと説明したが、設置は各社が屋内での取材を自粛していた最中だった。
 同社の現地担当デスクは、「隠しマイクという発表があったようだが、誤解だったということを理解していただいた。現場の説明不足で誤解を受けたことは遺憾だ。反省している」と話している。

 マイクをめぐっては先月、TBSが人気若手ゴルフ選手の石川遼さんの取材で隠れて使用しようとしたとして、問題化したばかり。
 

<段ボール肉まん>中国のTV局が「やらせ報道」と謝罪

 投稿者:マライ  投稿日:2007年 7月19日(木)10時56分0秒
  7月19日1時3分配信 毎日新聞   (たまにはこういうのもあるね・・・。でも中国のテレビ局の人が自らこういうことをやるのはダメですね。結局こういうことで「中国はやっぱりダメだ」という結論になるから)


 【北京・大塚卓也】北京市内の露店で使用済み段ボール紙と豚肉を混ぜた具を包んだ肉まんが販売されていたとされる問題で、これを「スクープ報道」した北京テレビは18日夜のニュース番組の中で、「やらせ報道」だったことを認め、「悪質であり、社会的影響を与えた」として視聴者に謝罪した。
 中国食品の安全性が世界的に問題視される中、「段ボール肉まん」が販売されていたとの報道は、日本のメディアや米CNNなどで大きく伝えられ、懸念をさらに高めた。だが、中国の首都のテレビ局によるねつ造と分かったことで、中国マスコミのモラルも問われることになりそうだ。
 同夜のニュースによると、調査の結果、テレビ局のアルバイトがひき肉と小麦粉、段ボール紙を自ら持ち込んだうえ、出稼ぎ労働者4人に「段ボール肉まん」を作るよう指示。自らビデオカメラで様子を撮影していたことがわかった。
 北京テレビの“特ダネ報道”では、露店主は段ボール紙を劇物のカセイソーダ(水酸化ナトリウム)の溶液に浸し、さらに煮込んで柔らかくした上で豚肉と混ぜ、段ボール紙6、豚肉4の比率で肉まんの中身にしていた――という。
 警察当局やテレビ局が調査を進めた結果、「やらせ」が判明した。警察はこのアルバイトの身柄を拘束し、関係者を厳重に処分すると約束した。

最終更新:7月19日1時3分
 

<1万円札>総額417万円に 18都道府県で

 投稿者:松千代  投稿日:2007年 7月12日(木)07時18分17秒
  ふーん。

 各地の県庁や市役所に現金1万円と手紙が置かれている問題で、北海道から沖縄まで全国18都道府県で総額417万円が見つかっていたことが毎日新聞のまとめで分かった。「修業の糧としてお役立て下さい」などと書かれた手紙の文面が共通していることなどから、同一人物が各地を移動しながら置いたとの見方も出ており、各地の関係者が「一体何のために」と首をひねっている。大半は都道府県庁や市役所の男子トイレ内に置かれ、表に「報謝 一人一封」と書かれた和紙に包まれていた。手紙には「同封の遺産金一万円を修業の糧としてお役立て下さい」「汚れなき心を持ちあらゆる善き行為に励んでいって下さい」などと独特の文章がつづられている。和紙にサインペンで書かれたとみる捜査関係者もおり、コピーの可能性は低いという。

 最初に現金が置かれているのが見つかったのは06年9月15日で、静岡市葵区沓谷の「市営愛宕霊園」内のトイレだった。今年4月に仙台市で6万円が見つかって以降、発見が急増。国の出先機関や空港ビルに置かれていたケースも出ている。
 

ロシアでビールが川に流出!あたりには芳醇な香りが…

 投稿者:松千代  投稿日:2007年 7月12日(木)07時07分32秒
  おおお!

アルコール天国ロシアの大手ビール会社から大量のビールとみられる液体が流出、モスクワ川に流れ込む“事件”が起きた。環境当局は「川が発酵して生物が死ぬおそれがある。誰もがビール好きであるわけではない」と激怒し、この工場の資産没収も視野に強制調査に乗り出している。
 インタファクス通信などによると、流出事件を起こしたのはビール大手6社の一つ「オチャコボ・ビールコンビナート」。液体は工場内の“ビール・パイプライン”から漏れたとみられる。今月4日以降、モスクワ川に連なる河川には10~15キロにわたる黄色っぽい泡状の帯ができ、あたりにはビールの芳醇(ほうじゅん)な香りが漂った。
 この事態に、露天然資源監督局は「調査の結果によっては同社の資産没収を裁判所に訴える」と警告。会社側は「顧客への義務を履行しないわけにはいかない」と、強硬措置の回避に躍起だ。
 同社は1978年の創業で、国防企業を含む18社を傘下に抱える。
 

レンタル掲示板
/83