teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


『ビリー・ブランクス in ヴィクトリィィーッ!』ほかビリー隊長の幻の主演映画がDVD化

 投稿者:松千代  投稿日:2007年 9月 8日(土)07時20分11秒
  やるねー!

 「サーコー!」「リスナッ!」との掛け声とともに再上陸が決定したフィットネス・インストラクター、ビリー隊長ことビリー・ブランクス。ブート・キャンプ入隊者なら“みんな大好き!”な、摩訶不思議テクノ・ビートの楽曲群も続々CD化されますが、日本のファンなら思わず驚いてしまう、若かりし頃の隊長が主演した映画のDVD化というニュースが到着しました!

 先陣を切って、トランスフォーマーから10月16日に登場する作品が『ビリー・ブランクス in ヴィクトリィィーッ! キング・オブ・ドラゴン』(TMSD-066 税込2,940円)。吹き替えは当然、「ビリーズ・ブートキャンプ」のCMなどでビリー役を務める小杉十郎太が担当! “さすが『アホリックス』をリリースしたメーカーだけあるな……”と誰もが納得の特典映像にはボビー・オロゴン(近田ボビー)による爆笑エクササイズ・パロディ、“お笑いブートキャンプ”と小杉十郎太をゲストに迎えてのオーディオ・コメンタリーが収録されます。

 そして11月7日にはポニー・キャニオンから『ビリー's KARATE MAN』(PCBP-51641 税込2,625円)『ビリー's GUN&FIGHT!』(PCBP-51642 税込2,625円)も登場予定! 案外芸達者なビリー隊長の華麗なアクションが楽しめますよ!
 
 

浅尾ファンに触られV逃す/ビーチバレー

 投稿者:松千代  投稿日:2007年 8月26日(日)12時24分25秒
  しかい相変わらずひどいファンレベルじゃのー。それで負けたと書かれるのは本人も不本意ではあるだろうが・・・なんだか。

 ビーチバレー界のアイドル、浅尾美和(21=ケイブロス)が国内初タイトルを逃した。ペアを組む西堀健実(26)と、日本NO・1で今大会全勝の佐伯美香(35)楠原千秋(31)組に挑んだが、0-2のストレート負け。1勝2敗で2年連続3位に終わった。試合前に練習場から移動する際に心無いファンから体を触られるハプニングもあり、力を発揮できなかった。佐伯、楠原組が初優勝した。
 日本NO・1の佐伯、楠原組に完敗した浅尾に、いつもの元気はなかった。川合コーチは「練習場から戻る時『頑張ってね』と言われながら胸の近くを触られたりした。試合前に非常にナイーブになって気持ちが下がってしまった」と明かした。普段は練習から警備員がつくが、予定より早く練習を切り上げたため配置が遅れたという。浅尾は「たくさんの方に来ていただけるのはうれしいし、声援は励みになる」と気丈に振る舞ったが、川合コーチは「見る方もレベルを上げてほしい」と話した。
 

<中華航空機炎上>整備ミスの疑い濃厚 7月にボルト点検

 投稿者:松千代  投稿日:2007年 8月26日(日)08時28分58秒
  事故後速やかに機体の「中華航空」のロゴを消したり、帰還した機長が英雄扱いだったり、イメージ戦略に大変そうだねー。

 那覇空港の中華航空機(ボーイング737―800型機)爆発事故で、国土交通省航空・鉄道事故調査委員会(事故調)は25日、事故の直接原因を、右主翼の高揚力装置「スラット」のアーム(駆動機構)先端部のボルトが脱落し、燃料タンクを突き破って燃料が漏れ、エンジンの熱で引火したためと断定した。事故調は、ボルト脱落の原因となった留め具のワッシャーが外れていたのは整備ミスとの見方を強めており、今後、中華航空関係者から事情聴取を進めると共に、整備記録を調べ、事故の全容解明を目指す。また、沖縄県警も航空危険行為処罰法違反の疑いがあるとみて捜査している。
 事故調は同日、現地での機体調査を終了した。
 問題のボルトを巡っては過去、同型機でアーム先端部のボルトを締めるナットが緩み、脱落した例が2件あった。このためボーイング社が06年に新しいナットで締め直すよう注意喚起を促す通知を航空各社に出していた。
 中華航空の整備記録によると、この通知を受けて今年7月6日の点検で問題のボルトを締めた。事故調は「この際に留め具のワッシャーを付け忘れていなかったかどうかは今のところ不明」としている。
 事故の経緯は(1)着陸後、右エンジン脇の5番スラットを右主翼に収納する際、アームが燃料タンクに接する収納ボックス「トラックカン」内に後退(2)脱落していたアーム先端部のボルトがアームに押されてトラックカンと燃料タンクの壁(厚さ数ミリ)を突き破り、燃料が外部に漏れた(3)漏れた燃料が気化し、エンジンの熱で引火、爆発した――とみられる。
 アームにボルトを固定していたワッシャーは、燃料タンク前方の主翼内部の底部に落ちていた。明確な損傷はなかった。締め具のナットはボルトについたままだったが、アームの穴がナットより大きくなっており、ボルトごとアームから脱落したらしい。また、タンクに開いた穴は長さ41ミリ、幅23ミリの大きさだった。
 事故は20日午前10時半ごろに発生。地上に漏れ出た燃料にも引火し、主翼中央部や左主翼内のタンクが爆発した。地上にいた整備士が燃料漏れを見つけて機長に通報した一方、乗客が煙に気づき、乗客・乗員165人は爆発直前に全員脱出した。
 

さくらパパにスキャンダル!「辞めんといかんかねぇ」

 投稿者:松千代  投稿日:2007年 8月26日(日)08時13分25秒
  あらあら・・・

 7月の参院選比例代表で初当選した民主党の横峯良郎参院議員(47)が、早くもスキャンダルに見舞われた。22日発売の週刊新潮が「『議員失格!』元愛人が剥(は)がした『さくらパパ』の仮面」と題し不倫と賭けゴルフを報じている。報道を受け本人は関係者に「(議員を)辞めんといかんかね」ともらしたという。党では10日間の“自宅謹慎”を言い渡し、沈静化を図る構えだが、民主躍進の象徴が“火薬庫”になりかねない状況となった。
写真はコチラ

 初登院から、わずか2週間。さくらパパにスキャンダルが襲った。週刊新潮によると、横峯氏には半同棲(せい)状態の“東京妻”がいたという。この女性は、六本木の元ホステスで現在は飲食店を経営する40代女性。パパと同郷の鹿児島出身のこのスレンダー美人が、仮名で登場し、良郎氏の裏の顔を語っている。

 2人は昨年8月下旬に知り合い半月後には男女の仲に。良郎氏から「国会議員になったら俺の秘書になれよ」などと言われたという。「台所の包丁を壁に突き立てられました」という凶暴な一面も暴露。さらに「賭けゴルフの常習者」であることも証言している。

 参院選に出馬を表明した段階から“たたけばホコリが出る”とうわさされたさくらパパ。スキャンダルは想定内であったはずだが、いざ現実となってみると民主党のショックは大きい。

 記事を見た良郎氏に近い党関係者は、掲載された良郎氏の反論コメントにがく然とした。良郎氏は女性と関係があったことを認め、賭けゴルフについても「議員になってからはやっていない」としたものの過去については否定せず…。これらの発言は新潮側からの取材に、党が弁護士を通して出したコメントとは別のもの。良郎氏が直撃取材に“勝手に”話してしまったものだという。

 サービス精神旺盛の良郎氏らしいといえば、らしいが、民主党の新人議員研修で、くぎを刺されたはずの“失言癖”が暴走してしまった形だ。党は対応を選挙参謀だった手塚よしお前衆院議員に一任。手塚氏は「10日間の自宅謹慎」と「携帯電話の着信無視」を通告した。さくらパパは家族からの突き上げに憔悴(しょうすい)し切っている様子。親しい党関係者には「辞めんといかんかね…」と一時は議員辞職も示唆したが、党としては事態の沈静化を図る構えだ。

 政治アナリストの伊藤惇夫氏は「不倫は家庭の問題。細野豪志氏の場合(山本モナとの熱烈キス騒動)とは違い、さくらパパだからというダメージの小ささもある」としたが「賭けゴルフは内容次第では、国会議員として責任を追及される可能性がある。自民党に攻め材料を与えてしまうことになり、世論の動向によっては、民主党が身軽になろうと考えるかもしれない」と良郎斬りもあり得ると予測した。

 民主党には苦い経験がある。2006年の偽メール問題では、対応のまずさから当事者の永田寿康議員が辞職しただけでなく前原誠司代表ら執行部の総退陣にまで発展した。民主党としては後手後手の対応だけは避けたいところだが。

 横峯良郎氏「週刊誌に報じられた過去の軽率な行動については、反省するところもあり、家族からも叱責(しっせき)を受けました。今後は投票していただいた方の期待をしっかりと胸に刻み、襟を正していく所存です。お騒がせして申し訳ありませんでした」
 

<クジラ>ウオッチングの観光客の目前で捕獲 知床沖

 投稿者:松千代  投稿日:2007年 8月25日(土)18時42分59秒
  もわもわ。

 知床沖の根室海峡で24日、和歌山県太地町と北海道網走市の捕鯨会社が共同操業する小型沿岸捕鯨船(32トン、7人乗り組み)が、クジラ・ウオッチング船の前でツチクジラを捕獲した。現場は禁漁区域でなく、捕鯨船はクジラを追っていて偶然、この海域に来たとみられる。世界自然遺産登録海域の近くで、結果的にクジラの生態を楽しむ観光客の前で捕鯨した事態になり、波紋が広がりそうだ。【本間浩昭】
 ウオッチング船「エバーグリーン」(19トン)に乗っていたウオッチングガイドの佐藤晴子さん(42)によると、現場は羅臼港(羅臼町)の東約14キロの沖合。午前10時44分ごろ、約3.5キロ先に捕鯨船とクジラの噴気を発見し、近付くと、クジラが銛(もり)を撃ち込まれていた。約20分後、クジラは船首に引き寄せられた。
 双方の距離は約100メートル。約20人の観光客は、クジラが捕鯨船に横付けされるまで「かわいそう」などと言いながら様子を見ていた。フランス人夫婦の妻は「ちょっと気分が悪くなった」と話していたという。近くには別の2隻のウオッチング船がいたが、このうち1隻は子供が泣き出したため途中で引き返した。
 ツチクジラは体長10メートル強、体重11~13トン。国際捕鯨委員会(IWC)の管轄外のため、資源状況について国際的合意はない。捕鯨は日本独自の管理の下で行われ、全国で年間66頭の捕獲枠が定められている。網走を基地とする捕獲は年間4頭が割り当てられている。
 エバーグリーンの長谷川正人船長(46)は「私は見せるのが仕事。彼らは捕るのが仕事。でも、何とかならないものか」と話していた。一方、網走市の捕鯨会社は羅臼町に対し、「観光船が接近し、大変危険だった。危険運航に当たると思われるので、注意してほしい」との要請を出した。
 

<ヤマビル>里山荒れ急増 ハイカーらの吸血被害29府県で

 投稿者:松千代  投稿日:2007年 8月19日(日)09時15分43秒
  ぴんち!

 従来は山奥にしかいなかったヤマビルが、ふもとまで生息域を拡大し、住民やハイカーが吸血される被害が全国各地に広がっている。被害情報は29府県に及び、日常生活や観光にも影響が出始めており、神奈川県では自治体などが駆除対策に乗り出す事態になった。過疎化や林業の衰退による森林や里山の荒廃が原因で、専門家は「ヒルの問題は日本の森林荒廃の象徴で、早急な対策が必要だ」と訴えている。【足立旬子】
 ヤマビルはミミズの仲間で体長3~5センチ。活動期は5~10月。人や野生動物の血を吸い、吸血量は約1CCで、蚊やダニなどの5~10倍になる。雨や雨上がりの日に地面に出て待ち伏せしている。かまれてもほとんど痛みを感じず、出血が1時間以上続くケースも多い。
 生息調査や駆除に取り組む「ヤマビル研究会」(千葉県習志野市)によると、ヒルの被害情報は00年ごろから急激に増えている。昨年は400件以上に達し、北海道と四国を除く、秋田から沖縄までの広範囲の自治体や住民などから、▽畑仕事をしていたらかまれた▽風呂場にいた▽墓参りでかまれた――などの情報が寄せられている。
 神奈川県の丹沢山地では、東丹沢の限られた山奥にしかいなかったが、00年ごろから数年で周辺の6市町村に広がった。登山途中に吸血されて引き返すハイカーや、水田や畑の草取りのたびに吸血されて耕作を放棄する農家が出ている。ペットを介し、民家の中にも入り込んでいる。県などは今月5日、相模原市津久井町で里山の草刈りと薬剤散布を始めた。
 被害拡大の背景には、林業の不振やシカの増え過ぎで森林荒廃が深刻化したことがある。集落周辺の里山も、過疎化などで手入れされなくなって草が伸び、落ち葉が堆積(たいせき)するなど荒れ放題で、ヤマビルが好むじめじめした環境が増えている。
 同研究会が05年、同県秦野市の荒れた里山で落ち葉かきをしたところ、06年にはヤマビルの数が約3分の1に激減した。谷重和代表は「薬剤散布だけでは不十分。増えすぎたシカの管理、荒れた森林や里山の保全を同時に行わなければならない」と話している。
 

中国の対日観、顕著に好転=日本ではマイナス印象-世論調査

 投稿者:松千代  投稿日:2007年 8月18日(土)09時42分4秒
編集済
  なんと!

日中双方で今年5月に行われた世論調査の結果、日本側で中国に対する「良くない印象」が依然過半数を占めたのに対し、中国側では対日観が顕著に好転したことが分かった。調査を実施した日本の民間団体「言論NPO」と北京大学が17日、北京で公表した。
 調査には日本で1000人、中国で1609人が回答。昨年10月の安倍晋三首相の訪中をきっかけに日中関係が改善したことを背景に、中国では対日印象を「良い」「比較的良い」とした回答が計24.4%に上り、昨年の14.5%から上昇。日中関係の現状についても「良い」「比較的良い」が昨年の10.4%から24.9%に大幅アップした。日本から連想するものとして「桜」が「南京大虐殺」に代わってトップになった。
 しかし日本側では、中国に対するマイナス印象が66.3%。過去1年間で対中印象が「良くなった」との回答が増えたものの、全体的には「悪化に歯止めがかかった程度」(言論NPO)で、日本側の冷めた見方が浮き彫りになった。
 

中大生、アキバで恐喝…双子の妹と「気の弱そうな人」選ぶ

 投稿者:松千代  投稿日:2007年 8月16日(木)20時00分25秒
  むお?

 東京・秋葉原を訪れる若者を狙って現金を脅し取ったとして、警視庁万世橋署が、中央大法学部3年の磯野智史(20)(横浜市港南区港南台)と、双子の妹で無職の裕加(20)の両容疑者を恐喝容疑で逮捕していたことがわかった。

 2人は、おとなしそうな若者にわざと体をぶつけて因縁を付けるといった手口を繰り返しており、智史容疑者は「自分より気の弱そうな人が多い秋葉原を選んだ」と供述しているという。

 調べによると、今月2日午後4時ごろ、千代田区外神田3の路上で、買い物に来ていた男性会社員(23)に裕加容疑者がわざとぶつかった後、智史容疑者が肩の入れ墨を見せて詰め寄り、近くの銀行で下ろさせた現金など3万4000円を奪った疑い。
 

曙が執念のドロー/新日本

 投稿者:松千代  投稿日:2007年 8月11日(土)17時05分45秒
編集済
  そろそろ冒険格闘家かな?

<新日本:G1クライマックス>◇4日目◇10日◇愛知県体育館◇8000人
 曙(38)が執念で決勝トーナメント進出に踏みとどまった。ジャイアント・バーナード(33)とのリーグ戦で敗戦寸前まで追い込まれたが、場外で倒された際に相手の足から手を離さず、9分57秒、両者リングアウトの引き分けに持ち込んだ。勝ち点3は最下位も、11日の両国大会の天山戦に勝てば、決勝進出者決定トーナメントに進出できる可能性が残った。地道に戦ってきた曙に、神が最後のチャンスを与えた。
 コーナー上からバーナードの150キロの巨体が降ってきた。曙は、乗せられていた机とともに真っ二つ。砕け散った机の破片とともに場外に横たわった。だが、曙は死んではいなかった。鬼の形相でバーナードの足をつかみ、リングに戻らせない。場外カウント20がコールされ、両者リングアウトに持ち込んだ。「体を張ってやるしかないんです。せっかくの復帰戦で何も変わっていないと言われるぐらいなら、体が壊れたっていい」。血で真っ赤になったつばを吐いた。
 執念でつかんだ勝ち点1で決勝トーナメント進出の可能性を、わずかに残した。11日の最終戦で天山に勝ってほかの試合の結果を待つ。条件は非常に厳しい。それでも大相撲時代に慣れ親しんだ両国国技館に「敗者」ではなく「挑戦者」として戻れる喜びがある。
 「勝っても負けても一生懸命やる。それが勉強になる」という口癖通り、G1の戦いで大きく成長した。ケサ固めやフロントスープレックスなどの新技は大きな武器になった。金的攻撃でピンチを脱出する反則攻撃でずるさも出した。正統派の戦いだけではプロレスで勝てないことを、G1を通して学んだ。
 「ボクは死にましぇん。102回目のプロレスでも死にましぇん。あすもあさっても戦います」。最後は91年のドラマ「101回目のプロポーズ」のせりふをもじったジョークまで出た。11日にわずかなチャンスをものにし、12日には優勝杯を抱く。場内を飾った大相撲の優勝額はもう残っていないが、プロレスラー曙として両国での新たな歴史をスタートする。
 

なんと桜樹嬢!!!!

 投稿者:松千代  投稿日:2007年 8月10日(金)00時05分31秒
  ワンフェス(8月12日)参戦ですと!!!!

・・・招待されたとはいえ、まー よく炎天下参戦するきになったねー。お疲れ様。

頑張って!!!


さー 皆さん、会場で桜樹嬢と握手だ!
 

レンタル掲示板
/83